東洋大学に入学してから必ずやるべき事5選

東洋大学に入学してから必ずやるべき事5選
Pocket

皆様こんにちは。RINです。

 

新年度も始まり、新たな生活に心躍らせている人が多いかと思います。私も大学3年生になり教員採用試験に向け勉強を開始し、大学生活の折り返しを迎えました。

 

という訳で今回は東洋大学に入学してからやるべき事を順序立てて紹介していこうと思います。なんで東洋大学かといえば私がそこに在籍しているからですね。身バレを防ぐため学部等は伏せますが。

 

東洋大学新1年生の皆さん。他の大学1年生の方もとりあえずこれを読んでおきましょう。

 

1.友達を作る

 

まずは友達を作ることです。別に多人数必要という訳ではありません。大体このころ出来た友達と半年後同じように接しているかといえばそんなことはないので。

 

とりあえずあいさつの出来る「よっ友」を作るところから始めましょう。

 

友達を作っておくことのメリットは計り知れませんが、真っ先に思いつくのは「情報の伝達」というところです。大学は自分で情報を入手していかなければなりません。1年生の皆さんはまだまだ先ですが、だんだんと提出書類や、就活等に向けて学生に発する情報の量は増えていきます。

 

そんな時1人だと大抵情報過多になって失敗しかねません。今までとは違って、仮に提出書類を期日に間に合わせられなかった場合、最悪留年なんてことも…。

 

とりあえず授業開始の1週間が勝負です。今現在話す相手がいない場合もここで頑張らないと大学4年間がハードモードになりかねません。

 

LINEくらいは交換しておきましょう。

 

2.最初の授業は絶対休まない

 

最初の授業は大抵オリエンテーションなので、授業の進み方や説明だけで終わります。ですがこれを休んでしまうと教科書やレジュメの必要性等がわからなくなってしまい、どういう風に授業を受けていいかわからなくなります。

 

もしも友達がいるのであれば休んでもかまいませんが、いきなり休むあなたのことを友達は快く思うでしょうか?私だったら少なくとも不快感がありますね。

 

また、1年からいきなりイキる必要はありません。自主休講をするにはまだ早いかと。

 

3.サークルの新歓活動には必ず行く(新歓終わった後の活動も)

 

東洋大学では新歓活動は終わり、自分の所属するサークルにも多数の1年生が来てくれてすごくうれしかったです。1年生の皆さんはサークルの活動には必ず行くようにしましょう。

 

「先輩怖いから活動場所いけない…。」と思っている方も多いと思いますが、先輩は後輩確保のために必死に勧誘しているだけです。まったくもって怖がらせようと思っていないので安心して行きましょう。

 

大抵自分の所属する学部の先輩が丁寧に履修登録や楽単について教えてくれるのでしっかりメモ取っておきましょうね。

 

そして同じサークルに所属しようとしている同じ1年生とラインを交換しておきましょう。学部外の友人を作っておくことで何か得られるものがあるかもしれません。

 

さらに、1年生に対して大体のサークルはめちゃくちゃ優しいです。新歓での食事で1人500円とかありえませんからね普通。ここで1人暮らしの人は食費を浮かせておきましょう。

 

4.大学内をきちんと把握する

 

大学に入学してから、実際にキャンパスに足を運ぶようになってから、気づくことはいろいろあると思います。

 

自分の大学がどこに何があるのかをきちんと把握できるようにしましょう。私の通う東洋大学ははっきり言ってめちゃくちゃ「縦」に広いです。いろんなところで様々な号館がつながっているため、どうやって行けばいいのかわからなくなります。

 

開始1週間は先ほども言った通りオリエンテーションですから、時間には非常にゆとりがあるかと思います。時間のある時に学校を探検しておく事をおすすめします。学食とか大教室とか良くいくところをどうやって行くのかを把握しておきましょう。

 

大学内にある地図は大抵見にくいです。自分の足で覚えるのが1番ってことですね。

 

5.新しいことを始めてみる

 

大学は「人生の夏休み」です。いろんなことに取り組むチャンスがあります。もちろん大学1年生ですからまずは大学受験でたまったいろんなものを発散してください!

 

そのあとで構いませんから、ぜひ新しいことを始めてみてください。

 

大学生活に慣れてくるとドキドキは薄れ、自宅と大学とバイト先をひたすら回る生活になってくると思います。無味乾燥な大学生活を送らないためにも、人とはちょっと違った新しいことをやってみることがおすすめです。

 

筆者はボルダリング・投資・ブログ開設をすべて大学1年生で行いました。

 

大学生という自由な時間にやりたいことを見つけて始めてみましょう!!!

 

今日はここまで。ありがとうございました。