出汁茶漬け「えん」に行ってみた

出汁茶漬け「えん」に行ってみた
Pocket

皆さんこんにちは。RIN(@RIN_climbup)です。3が日も過ぎ去り、明日から仕事という方もいらっしゃるかと思います。私の大学は明日から授業が行われるため、現在憂鬱であります…。

 

今回は面白いチェーン店を見つけたのでせっかくだから入って見ることにしました。その名は「出汁茶漬け えん」という店です。出汁茶漬けの店っていうのをそもそも見たことがなかったので…。(京都とかとは別。)それに味もきちんとしていたので今回紹介させていただきたいと思います。

 

ぜひ行ってみてください!!!

 

出汁茶漬け えん

 

こちらの店は株式会社BYOさんが運営している会社になります。こちらの店以外にも、「おぼんdeごはん」等のお店も営業しており、和食が主になっております。出汁茶漬けの店は東京や大阪を含め約20店舗あり、新宿等立地のいい所に立っているようです。

 

ブランド紹介で紹介している言葉がなかなか面白いと思いました。「和食屋の高級ファーストフード」ですよ!こんな言葉が出てきたら試してみるしかないでしょう。

 

確かに外で茶漬けをいただくという事はなかなかないので、非常に興味と食欲を刺激させられます!!!

 

実際に食べてみました

 

店の場所は紹介できません(身バレの都合があるため)が、どういった感じなのかを軽く紹介していきます。

 

商品は店の中とテイクアウトの2パターンから選択できます。もちろん出汁茶漬けもテイクアウトできますのでご安心ください。テイクアウトだとおにぎりがおすすめです。店の中で食べる場合は発券機で券を発券する必要があります。

 

料金帯は700~1000円くらいなので、ランチだとちょっと高いかな…。でもママ友とかと一緒に食べるならチェーン店の中ではかなりいい場所ではないでしょうか。もちろん1人で茶漬けを食べるっていうのも乙なものです。

 

メニューに関してはこちらからどうぞ。大体10種類前後+季節ものといったメニューなので、毎回違ったメニューを楽しめると思いますよ。

 

また、ご飯の量を無料で増量出来ます。私の言ったところでは、ご飯大盛りが250グラムだったので男性のお腹にも満足感あるくらい食べられますから、「茶漬けなんてさらさら流しておわりやんwww」という方はぜひ一回行ってください。(切実)

 

ちなみに私はぶぶ茶漬け(680円)の大盛りをいただきました。写真はこちら↓

 

 

基本的に小鉢が2品ついています。今日はひじきと大豆の和え物と、漬物でした。また、ゴマ醤油を垂らした豆腐をいただくこともできます。

 

ちなみに出汁はお代わり自由ですが、よほどのことがない限りお代わりする前にご飯はすべて胃の中に入っているかと…。

 

ではいただきまーす!!!

まずは出汁そのものでいただきます。

 

ズズッ………

 

しっかりと味が効いています!鰹節が効いた和風風味の王道出汁ですね!これがさっぱりとした茶漬けという考えに「重み」という概念を与えてきます!!!鯛茶漬けとか頼んだら、うまみとうまみのダブルパンチになってすごく幸せな気持ちになれそう。

 

豆腐はゴマ醤油と上手く絡んで、香ばしい風味を漂わせています。するっと入るので口休めにもいいですね!

 

また、小鉢枠で出てきた漬物と和え物も一品一品がそれぞれ味を邪魔することなく、むしろ個が際立ってよりおいしく感じます。

 

茶漬けと小鉢を行ったり来たり。まるで幸せなシャトルランといったところか?

 

そして温かい食べ物を食べた後の冷水がきりりと冷えて、また新しい味わいを与えてくれる…。

 

茶漬けをランチに食べることはなかったですが、また来てもいいかもしれないですね。

 

総合評価

 

料金が高いことだけが難点ですが、1回行ってみると虜になってしまいます。目を閉じればそこは京都。これから冬が終わり春に向かっていく新春の京都が思い浮かばれるかと思います。確かに京都に実際に行っておばんざいを食べたほうが絶対いいとは思いますが、近隣にお店があるかたは言ってみてはいかがでしょうか。

 

味に関してはきちんとしていると思いますので…。

 

今日はここまで。ありがとうございました!!!