朝活で早起きの壁を乗り越えろ!!!

朝活で早起きの壁を乗り越えろ!!!
Pocket

皆さんおはようございます。RIN(@RIN_climbup)です。

 

今回取り上げるテーマは「朝活」についてになります。

 

皆さんは「朝活」に取り組んでいますでしょうか?そもそも朝活って言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

ちなみに筆者は高校1年生から朝活ユーザーで、紆余曲折ありましたが大体7時~8時から仕事・学習を行う今の形に落ち着きました。大体朝は6時起きです。大学生の友人から「お前は爺さんか!」という突っ込みをいただきました。

 

いや、あなたたち何時に起きてるねん…。

 

という訳で朝活を始めていきたい皆様にお届けするのはずばり、

 

朝活の教科書

 

これを見て朝活のメリットデメリットを把握して、1日のスタートを有意義に過ごしていただければと思います。普段時間がないと思っている方には結構朝活は向いているのではないかと。

 

よろしくお願いします。

 

今回乗り越える壁→時間の壁・早起きの壁・勉強の壁

 

1.朝活に向いている人いない人。まずは調査を行いましょう!!!

 

「よーし始めるぞ!!」と意気揚々の方。少しお待ちください。まずは自分の体が朝活に向いているかいないかをきちんと判断する必要があります。それを判断する材料が、

 

「体温」

 

です。

 

まず寝る時間から逆算して2時間前くらいから、各1時間ごとに体温を測ってみてください。人間は寝るモードに入ると体温がだんだん低下していきます。逆に上昇している方は単純にまだ活動期という事です。

 

もちろん寝る体制に入れば自然に低下していくので、普段寝る時間が遅いという人もできるだけ早く寝ることをおすすめします。最低でも6時間くらいは寝たほうが良いんじゃないかなぁ…。独断と偏見だけど。

 

という訳でまずは体温を測りましょう。そして

 

  • 体温がだんだん下がってきている人もしくは変化なし→朝活に向いている人。割と早起きに慣れる。
  • 体温が上がっていく人→体質改善を頑張っていく必要があるかも?早起きに慣れるには時間がかかる。

 

という2パターンに分かれます。これを判断したうえで以下の文章をお読みください。

 

2.朝活スタート!早起きをするには90分睡眠。

 

という訳で朝活をスタートしましょう。でも起きるのがつらいですよね…。

 

ここでまず私の朝活観なのですが、

 

「起きる時間寝る時間を調節する前に、寝ている時間を調節する。」

 

が最も必要だと思います。

 

例えば私の事例なのですが、朝大体6時に起きるといっても5時台に起きることもあれば6時またぐこともあります。というのは私の睡眠時間は「6時間か7時間半」だから。

 

サークルの活動で帰るのが遅れてしまったら寝る時間を調節します。12時に寝ることになったら起きるのは6時間後の6時です。一方10時ごろに寝られるのであれば、起きるのは7時間半後の5時半ごろになります。

 

なぜここまで睡眠時間にこだわるのかというと、「90分単位睡眠」が1番起床の際にストレスがかからないと思っているから。

 

この90分単位の睡眠というのはレム睡眠とノンレム睡眠の境目といわれています。要はこの時間単位で目が覚めやすくなるというものです。

 

1時間半・3時間・4時間半・6時間・7時間半・9時間の単位で寝る時間を調整しています。自分は最低6時間寝ないと明日のパフォーマンスに支障が出るので、6時間と7時間半に絞っています。

 

という訳で私の持論として挙げさせて頂くと、

 

「毎日5時に起きる」よりも「毎日90分単位睡眠を行って起きる」ほうが結果として朝活の成功率は上がるのではないかという事です。

 

夜遅くなってしまっても、4時間半睡眠にする。早く眠れたら7時間半睡眠にする等でリカバリーが効くと思うので、友人や朝活を行いたいという方々にはこのやり方をおすすめしています。

 

さらに筆者は起きて朝食を食べた後、すぐにシャワーを浴びて目を一気に覚まします。朝活をするには目を一気に覚ましたほうが成功率が上がるのでおすすめしています。ただし、現在2月ですので無理はしないほうが良いです。最悪体調不良になります…。

 

3.朝活開始!!!場所はどこが良いのか?

 

朝活を頑張ってスタートできたすべての皆様。おめでとうございます!!!

 

さあ、朝活を始めていきたい所ですが…。

 

どこでやろうかと考えている方に場所のアドバイスを。

 

「満員電車を超えた先の、同じ考え方を持っている人がたくさんいる場所」が一番いいと思います。

 

まず満員電車なのですが、とりあえず朝活を行っている皆さんの大多数が「満員電車に鉢合わせたくない」という理由もお持ちだと思います。自分もそうです。なので満員電車を避けるために、仕事先就学先に近い場所がいいでしょう。

 

そして後者については、同じ考えを持つ人たちが多い場所のほうが刺激されるからっていう単純な考えです。これは「スタバ」が一番いいのではないでしょうか?

 

よくスタバでMacbookを持っている人は意識高い系だという方もいらっしゃいますが、少なくともあそこでパソコンを開いたり、勉強したりする人は相当意識高いと思いますよ。

 

自分は就学先の近くのスタバがあまり勉強できる場所ではなかった(テーブルが狭い)ので、その近くのベローチェに行っています。200円で1時間半近くいるので結構コスパはいいと思います。

 

ここでよくある質問が

 

「1日200円を30日行ったら6000円やん。」との声です。これは貯金の際にまず考えなければならない「ラテ・マネー」といわれる無駄金の問題なんですね。自分もラテマネーはあまりやりたくないので気持ちは良く分かります。

 

でもこの前何かの本で読んだのですが、

 

「喫茶店はコーヒーを買う場所ではない。空間を買う場所である。」

 

といったものです。

 

お金を出して他人と刺激し合う環境に身を置いて作業効率を上げるという事なんでしょう。この考えを持つようにしてから自分は6000円を自己投資として割り切ることにしました。せっかくお金を払っているのだから頑張らなくてはいけないという自分の戒めになりますしね。

 

また、多分その気になれば1日200円は投資等で生み出せますし、皆さんがしばしば行くコンビニで買う商品を我慢すれば問題ないような気がします。要は考え方を変えれば問題ないってことです。

 

4.朝はアウトプットのほうが良い。

 

朝活は何をすればいいのかという方も多いと思うので、私のある一日の朝活の流れを紹介したいと思います。

 

7:00 喫茶店到着 ニュースチェック

7:15 資格勉強開始(FPか教職)

8:15 勉強終了

8:30 ブログライティング開始

9:30 ブログライティング終了

10:00 朝活終了

 

ここで大きなポイントとしてあるのが、「アウトプットに焦点を置いている」という事。

 

朝の頭というのは結構働きが活発化しているので、積極的にアウトプットを行うといいとされています。自分も暗記物をやるよりかは問題を解くほうにシフトを傾けています。

 

また、朝は非常に静かなので集中してタスクを進めるのに向いていたりもします。

 

総評

 

朝活は非常に有効な手段です。これから始めてみたい人に積極的にお勧めしていきたいです。

 

今日はここまで。ありがとうございました。