高校・大学生よ。お金の稼ぎ方を真剣に学ぼう。

高校・大学生よ。お金の稼ぎ方を真剣に学ぼう。
Pocket

皆さんこんにちは。RIN(@RIN_climbup)です。

 

大学生の皆さん。アルバイトだけの毎日に満足していますか?

 

もっと有意義に時間を使っていかなければならないと感じていますでしょうか?

 

大学1年生の皆様から就職が決まった大学4年生まで。皆さんは今一度考えなければならないテーマがあると私は思っています。

 

「お金の稼ぎ方」です。

 

「え?働いて終わりやん」だけでいいのでしょうか?

 

お金の稼ぎ方は多数存在するのに…

 

これは大学というより今の日本教育に足りていない分野ではありますが、今の教育現場では「お金に関するリテラシー」が満足にいきわたっていないような気がします。日本が資本社会である以上、お金が持つウエイトは非常に高いと私は思います。

 

でも、大抵の生徒にお金はどうやって手に入れるのかと聞くと「いっぱい働く」と答える人が多いです。

 

どうしてお金の稼ぎ方=働くという図式が成り立ってしまうのか。私は非常に疑問に思います。

 

働くことを悪いといっているわけではありません。お金を稼ぐには働くしかないという考えは捨てたほうが良いという事なんです。

 

今私が「働く」の概念として位置付けているのは「肉体労働」です。

 

「働く」という概念は大きく分けて4つのレベルがあることを学んでいきましょう。あくまで私の定義ですがご了承ください。

 

LEVEL1 肉体労働

 

世間一般の労働は大抵ここに入ります。私たちが行うアルバイトもここに入りますね。

 

基本的に肉体労働はスキルを必要以上に必要としません。私がアルバイトを「時間の切り売り」といっている理由はここにあるわけです。

 

年齢(原則高校生以上)と拘束時間と時給が、雇い手と労働者で合致することが出来たら基本的に働くことが出来るわけです。ここに必要なのは「上の指示通りに動いてくれる人」が必要なのであって、「必要以上のスキルを持っている人」が必要という訳ではありません。

 

長く働いていても時給は増えない。増えたとしても10円前後…。1時間の労働賃金は東京都なら大抵1000円前後。

 

納得いかなくない?

 

どうしてこういった労働がお金を稼ぐために必要な手段の大半でなければならないのかを考える必要がありませんか?

 

LEVEL2 頭脳労働

 

このレベルから私は「働く」であると思っています。

 

頭脳労働は「持っている知識・経験を使って働く」といった内容になります。世間一般では副業もこの分野に入るのではないでしょうか?

 

またLEVEL1と明確に違う点として、「労働者ごとに明確に賃金が違う」という事があげられます。さらにここが最も重要なポイントであると私は思いますね。

 

知識やスキルがあったり、結果をきちんと出している人は収入が高くなりますし、その逆もありうるパターンです。

 

このクラスは「時給換算」をしません。自分の知識に対する対価として収入を獲得します。肉体労働よりも短期的に見れば収入は少なくなりますが、長期的に見ればこちらのほうが圧倒的に収入は高くなります。さらにこの労働形態は限界が存在しないので、自らの取り組みや頑張りが成功したら圧倒的な収入が約束できるでしょう。

 

LEVEL3 資産労働

 

このステップでは「お金に働いてもらう」という労働形態です。このあたりから不労所得に近くなってきますが、不労所得とは異なり資産を失うというデメリットを抱える必要があります。

 

ですが、このLEVELに達するころには少なくともLEVEL1の労働から解放され、生活が満足に送れていると思います。

 

少なくとも「自分のために時間を使う」という事が達成できるようにはなっているでしょう。

 

LEVEL4 不労所得

 

このLEVELは何もしません。何もしなくても収入が入ります。

 

私の例では、先月のアフィリエイト収入は約12000円くらいです。はっきり言って相当だと思います。

 

ちなみにブログの収入はほぼほぼ0円ですがね…。

 

大切なのは「過去の財産が価値を生んだという事」です。ブログでしたらストックした記事が。YouTubeであれば今まで投稿していた動画が伸びたとか。LEVEL2の労働が結果としてLEVEL4の価値を生んだわけです。

 

LEVELは上がっていくもの

 

今取り上げたLEVELは上がっていくものですから、真剣に努力を続けていけばLEVEL1だけでとどまり続けることはありません。もちろん上がるスピードは万人異なりますが、他人と勝負する必要がありませんから、自分のペースで進んでいく事が出来ると思います。

 

どんなにつまずいても転んでもいいから前に進み続ければ、後ろに戻ることはありません。

 

努力し続けてみませんか?

 

私なんて何回転んだかわかりませんが、後ろに転がっていったとは思っていません。

 

頑張っていきましょう!!!

 

最後に

 

固定概念にとらわれるだけでは人生を損していると思います。もっと多角的に物事をとらえ、積極的に挑戦していきましょう!!!

 

今日はここまで。ありがとうございました!!!