仮想通貨でお金の壁を乗り越えろ!

仮想通貨でお金の壁を乗り越えろ!
Pocket

皆さんこんにちは。RIN(@RIN_climbup)です。

 

今回取り上げるテーマは「仮想通貨」です。

 

仮想通貨は2017年の高騰から急速に低下をし、気が付いたら現在の金額は1ビット=37万円前後となりました。いろんなところで「仮想通貨はオワコン」という声を耳にする機会がありました。しかし、私はここをチャンスと捉えこれからも仮想通貨業界へと投資を続けていきたいところでございます。

 

人生の中で最も壁になりやすい「お金」という壁を乗り越えるためには、若いうちから様々なお金の稼ぎ方を学ぶ必要があると思います。そのためにも今回の記事では

 

  • なぜ仮想通貨が良いのか
  • 主に学生が投資を行うべき理由

 

この2つについて解説していけたらと思います。

 

よろしくお願いします!!!

 

今回乗り越える壁→お金の壁・投資への勇気の壁

 

なぜ仮想通貨が投資に良いのか

 

 

ではなぜ仮想通貨が投資に良いのかという点について考えていきましょう。大きく分けて3つの理由があります。

 

1.これからの伸びしろに期待できる。

 

仮想通貨は2017年の高騰から一気に下がってきてしまいましたが、それでも公に仮想通貨の情報が流れてきたのは2016年ごろ。まだ3年近くしか経っていないのですから、まだ仮想通貨について結論を下すのは時期尚早だとわたしは思いますね。

 

まだまだ伸びが期待できるこのプラットフォームに今のうちから資金を投入しておくのがいいと思います。

 

2.その日のうちに利益を生み出しやすい

 

投資を行っていると考えるのが、利益がすぐ受け取れるようになりたいという物。1月後に10万円手に入れるのであれば毎日3000円前後手に入れられたほうが良いと思うのは私だけでしょうか?

 

そのため、投資の利益をその日のうちに現金化して手に入れることが出来やすいという点に着目すると、それが可能になるのが仮想通貨という物です。

 

それが可能な理由が「1日の値動きが非常に激しいから」。ただしハイリスクハイリターンであるという事を意味するので、過度な金額を投資にぶち込むのは止めましょう。

 

それが大学生とかならなおさら。

 

毎日のランチ代くらいなら日々稼ぐことが出来るようになるので、お得に生活できるようになるかも?

 

3.バイトをやめて自由な活動時間が得られる

 

バイトでたくさんお金を稼ぐことっていうのも人生の中で非常に必要だと思います。しかしその経験を毎年する必要はないと私は考えてます。

 

バイトっていうのは「時間の切り売り」。だからどんな人でも原則同じ料金を受け取れるし、よほどのことがなければ料金が下がることはありません。

 

でもあなたの1時間が1000円程度で買われることに、腑に落ちない気がするのは私だけでしょうか?

 

その点投資であれば、投資をしている時間も他の事(学習・運動等)ができますから、お金を得ながら自分の資質を上げることが出来る。一石二鳥です。

 

ですが、ちゃんと一定の収入を得ないと仮に失敗した場合に非常に痛い目を見る可能性があるので、バイトをする必要もありますよ…。結局私は週1バイトで賄えているのでありがたい限りです。

 

学生が投資を行うべき理由

 

2つ目に学生が投資を行うべき理由ですね。これも同じように3つあります。

 

1.投資は経験値勝負

 

2019年の今、投資はかなりブームとなっています。株やFXといったものから、ここで述べている仮想通貨。投資信託や確定拠出型年金と呼ばれるiDeCoのように、老若男女問わず投資を行うような時代になってきています。

 

投資は「経験」が物を言います。投資を行う時期が早ければ早いほど、経験として頭の中に蓄積されて行きます。20代から始めた投資と、30代から始めた投資。ここに生まれる10年の差はそう簡単に打ち崩せないと私は考えてます。

 

早いうちから投資を行う事。非常に大切ですね!

 

2.積立投資・長期投資なら時間が長いほうが有利

 

投資信託・ウェルスナビのような長期投資・積立投資では、時間が長いほうが有利です。当たり前ですが、20代のうちからコツコツやっておけば50代になった時にはまとまった金額を得ることが出来るわけです。

 

もしもコツコツ積み立てられる金額や、長期投資できる原資があるのであれば早いうちから投資を進めておきましょう。長い時を経て気が付いたら素晴らしい結果を生み出すかもしれません。

 

3.自分のアピールポイントになる

 

投資を若いうちから行っている人は多分少ないです。私の友人の中で取り組んでいる人は1人だけなので多分少ないと思いますねきっと。

 

金融・経済系の仕事に就きたい人はESに書けるようになりますし、自分の力でお金を稼いだ経験は胸を張って誇ることが出来るでしょう。

 

投資についてはこれからも積極的にブログに書いていきたいと思うので、これからもぜひ見ていってくれたらうれしいです!!!

 

今日はここまで。ありがとうございました!!!