ボルダリングスタート1日目の流れを紹介します。

ボルダリングスタート1日目の流れを紹介します。
Pocket

皆さんこんにちは。RIN (@RIN_climbup) です。

 

ボルダリングやってますか~!!!わたしはやってまーす!!!

 

東京オリンピックに決まってからボルダリング熱が非常に高まっていますね。私はボルダリングを始めて1年半近く経ちますが、今でも初めてやった時のことを覚えています。

 

でもいざやってみたいと思っていても、結構スタートまでにハードルが高いと思われているのがこのボルダリング。

 

「そもそもどうやってやればいいのかわからないし…。」「相場もわからないし…。」

 

そんなあなたの不安を取り除けるような記事を書いていきたいと思います。ボルダリングを思い立ったその日から実際にやる初日の動きをまとめてみました!!!

 

よろしくお願いします!

 

ボルダリング初日の動き

 

 

0.ボルダリングジムを調べる

 

まずはボルダリングを行えるジムを調べておきましょう。現在全国にあるボルダリングジムの数は400近くですので、多分自分の最寄り駅の路線沿線には1個はジムがあるかと。

 

初回ですから、可能な限り料金を安く済ませられたほうがいいので、どんなジムがあるかを念入りに調査しておくことをおすすめします。「別に値段はいいよ気にしない」っていう人は初心者講習がきちんとついているほうが良いです。

 

大抵のジムは初回に店員さんがルールくらいは教えてくれますが、きちんとした登り方等のアドバイスは教えてくれない事が多いです。それで登れずに悔しい思いをすると、ボルダリングが楽しくなくなっちゃう…。せっかくですから講習付きプランを選びましょう。

 

1.持ち物

 

持ち物は以下のものを持ってくれば大丈夫です。

 

運動着→私服のままボルダリングする人もいますが、チョークで服が白くなるし、汗をかくスポーツなので運動着を持ってきましょう。長袖長ズボンのほうが怪我の確率が少なくなるのでおススメです。(ボルダリングの壁やホールドはやすりのようになっているため、皮膚が削れます。)

 

ちなみにかっこいい・かわいいボルダリング用の服でしたらビビッドカラーがおすすめ。ボルダリングジムはホールドが色とりどりなので映えますよ!

 

服なんて何でもいいという方はユニクロで一式そろえてもらえれば大丈夫です。

 

水分→スポーツするのでスポーツドリンク等を用意しておきましょう。大体のジムには自動販売機がついていますが、そこらのコンビニで買ったほうが多分安上がりです。1ℓくらい即効で消えますよ。

 

あと注意点として爪を短く切ってくるようにしましょう。爪が欠ける恐れがありますし、最悪爪が剥がれる可能性があります。それと勘違いしている友人がいたのですが、ボルダリングにはボルダリング用のシューズを使いますので、間違ってもシューズを借りずに普段の運動靴で登らないようにしてください。

 

多分店員に止められますが念のため注意喚起をさせていただきます。

 

さらに18歳未満の方は原則、親の同意書が必要になります。

 

ジムには一応落下した際の衝撃吸収用のマットが引いてありますが、高さ3~5mくらいのところから落ちることもあるスポーツです。命を落とす可能性も0ではありません。きちんと親の許可を得てくるように!

 

また、ジムごとに年齢制限を設けている場合があります。私の知っているジムでは小学生は親同伴だったり、中学生以下は利用禁止だったり…。行こうとしているジムのホームページは必ず一読しておきましょう。

 

ですが、高校生以下は大人に比べジムの利用料は半額程度です。安い金額で始められますから中高生は大人になる前に始めてみませんか?

 

2.流れ

 

という訳でジムについてからの流れです。ジムごとに違いますのでご注意ください。

 

①ジムに到着すると、まず初回登録が行われます。生年月日や年齢などを記載することになります。また、先述した通り、18歳未満の方はここで親の同意書を提出する必要がありますので注意しましょう。

 

②次にジムの説明を受けます。基本的に初めて行う場合はDVDによるボルダリングの注意事項を確認することになると思います。それが終わると着替え、ジムの店員さんを待つことになります。

 

③そして実際に簡単な壁を初回講習で登ることになります。ここで店員さんからボルダリングのルールを教えてもらいます。ちゃんと覚えておきましょうね。

 

④講習が終わると実際にいろんなルートを登っていくことになります。大体2時間前後で疲労が溜まるので、そのあたりで皆さん引き上げていくことになります。再び着替えておしまいという感じですね。

 

初回の目標は6級を登るにしておくと、一緒に遊びに来た友達とかと競いながら楽しめると思います。大体6級が初心者が初回で登れるか登れないかくらいの難易度なので。

 

3.終わったら

 

終わったら家のお風呂で構いません。しっかりマッサージを行ってください!

 

特に前腕を重点的に行うことをお勧めします。ボルダリングは普段使わない筋肉を使用するため、普段ならないようなところが筋肉痛になったりします。次の日に重い荷物を持つような仕事を控えている人はしっかりマッサージをしておくことをお勧めします。

 

なめてかかっていると翌日本当に腕が上がらなくなります…。(本人の体験談)

 

4.もう一回楽しみたいという人は

 

ぜひ来てください。(直球)

 

初心者おすすめのジムの紹介

 

 

私はジムを何個も渡り歩くタイプではありませんが、紹介するジムはぜひ一回行っておくべきところだと思っています。

 

1.B-PUMP TOKYO 秋葉原店

 

私のボルダリングのスタート地であり、よくお邪魔させていただいている場所でございます。

 

料金も学生は1080円で利用できる(~18:30まで。かつ平日)ので、コストパフォーマンスも申し分ありません。

 

一般の方はもう少しお高いです。また休日はこれよりさらに高くなります…。

 

地上4階まですべてジムであり、都内最大級の大きさを誇ります。また、グレード帯も充実しており、初心者~上級者まで幅広くクライマーのニーズにこたえております。さらに月1~2回のペースで課題も変更されるので、毎回来るたびに新鮮感を味わえるのも良い点だと思いますね。

 

一階の半分はボルダリングアイテムを売っており、シューズやチョーク、クライミングパンツなども販売しています。新年初売りセールをやっているので何か必要なものがあったらその日のうちに買ってしまいましょう!!!

 

特にチョークとシューズについては、早め早めに買っておくことをおすすめします。

 

総武線秋葉原駅、御茶ノ水駅のちょうど真ん中に位置しており、神田明神のほうへ向かっていくと見えてくるかと思います。B-PUMPと大きいロゴが見えるのでわかるかと…。

 

実際のジムがどんな感じなのかはこちらからどうぞ

 

2.アークダスト

 

場所は山手線巣鴨駅から歩いて5分前後。巣鴨商店街のほうに向かって歩いていきます。

 

少し道を外れる(路地裏のほうなので地図必須)ので、注意が必要です。

 

中はプライベートウォールのような狭さです。しかし課題数はめちゃくちゃ多く、何回来ても新課題に触れることができるので、ぜひ一度行ってもらいたいと思います。初回は秋葉原のような大型のジムに行き、二回目以降こっそりトレーニングするのがおすすめかと。

 

ちなみに課題の難易度は優しいです。ジム側でもそれを公言しています。また、4級と5級の間に、「4と2分の1級」の存在など、スモールステップ法でコツコツと成長することができるので、結構中級者にもお勧めのジムであります。

 

初回に来ていただいても、優しい店長さんが親身になって教えてくれますので安心してもらって大丈夫です。ただし、友達を連れていこうとするときは2人までにしておいたほうが良いかも…。

 

また、値段がめっちゃ安い。時間制で料金を支払うことになりますが、2時間800円という破格の値段。登録料も1000円と、秋葉原の3分の2でスタートできます。いろんなジムを見てまいりましたが、これほどまでに安いのは見たことありません!!!

 

詳しくはこちらをどうぞ

 

ボルダリングに行ったときは積極的にジムの様子等をブログに公開しますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。また、ジムに行った際に「そのジム課題のみの攻略記事」等を上げていきたいですね~。

 

今日はここまで。ありがとうございました!!!