ボルダリング6級の壁を乗り越えろ!

ボルダリング6級の壁を乗り越えろ!
Pocket

皆さんこんにちは。RIN(@RIN_climbup)です。

 

最近体調不良で大変なのですが、少しでも体調が良い日にコツコツと書いていけたらいいなと思います!!!

 

今回のテーマは「ボルダリング」です。

 

何回もボルダリングに行くようになってくると、今度は「グレード」に興味が出てくることだと思います。少しでも上のグレードに行きたいと思ったり、常連さんの上手い登りを見て「こんな風にうまく登れるようになりたい」と思われることが多くなるかと。

 

自分もそうでした!少しづつうまくなっていく事が本当にうれしかったなぁとあの時は思っていました。

 

別に今がそうじゃないという訳ではありませんが…。

 

という訳で今回は、初心者の壁になるであろうボルダリング6級の攻略記事を書かせていただきたいと思います。少しでもうまくなりたいという人から、彼女とのデートでいい所を見せたいという男子の皆さん。

 

よろしくお願いします!!!

 

今回乗り越える壁→ボルダリング初心者の壁

 

ボルダリング6級とは

 

ボルダリング6級の難易度は「初心者卒業」レベルになります。初めてボルダリングに来た人はそう簡単に6級を攻略できることはありません。私の友人の運動部だった人も6級は初回では登れませんでした。

 

このあたりでボルダリングの楽しさにはまる人たちが多い印象を受けます。というかこのレベルを登れるようになったをボルダリングを続けたほうが、趣味的にも体を鍛えるにもいい結果をもたらすと思いますので、頑張って続けていってください。私は仲間が欲しいです…。(切実)

 

まあなんにせよ、このグレードを登れるようになるという事は立派に初心者を卒業したと言えます。

 

この記事を読んでサクッと突破していきましょう!!!

 

ボルダリング6級を超えるためには

 

1.ボルダリングジムに5回は来る

 

さすがに初回で突破できなくても、ボルダリングジムに5回程度来ると簡単に登れるようになります。ルールややり方、体の動きなどが通常のスポーツとは似ても似つかないボルダリングという競技では、「経験」が非常に有用なんです。

 

大抵のスポーツは平行の方向に動きますが、ボルダリングは「垂直」に動きます。こんな動きするのははしごを登る位っすよ…。そんな動き普通の生活で行わないです。

 

どうやったらより楽に登れるか。どうやったらこのホールドを持てるのか。こういった疑問は経験で解決していくのが重要であり、次回来た時に思いのほか簡単に登れるようになります。

 

自分もボルダリングジムに来て4回目で初の6級が登れるようになったので、5回という回数は的を得ているかなと。

 

2.ホールドを持って支える時は腕をしっかり伸ばす

 

ボルダリング初心者にありがちなのが「途中まで登れたのに急に落下する」という物。これは単純に持久力が足りていないという事です。ですが自分もそんなに持久力があるタイプではないので、そこまで持久力を鍛える必要はありません。

 

どういうことかというと、「力を入れすぎてしまっている」という事。

 

肘を曲げたまま持ち続けると上腕三頭筋にダメージが入り続け、「あっもうだめ…。」みたいな状況をもたらしてしまうという訳です。常にダメージを食らわせ続けない、スタミナを温存するためにも肘を伸ばしてぶら下がるような体制を作り続けることが重要。

 

3.ホールドに足を乗せるときはつま先で

 

6級クラスになってくるとホールドの大きさもだんだん小さくなってきます。そのため土踏まずでホールドに乗っかろうとしても、乗れないホールドが出てきてしまう訳です。頑張ってつま先で乗るようにしましょう。

 

追加でいうなればボルダリングのシューズはつま先部分にソールが集中しているので、実は土踏まずで乗るよりも案外滑りにくいです。

 

また、距離が離れているホールドに手を伸ばすときも背伸びをすることで届く場合があります。背伸びをするときにはどこに力を入れますか?

 

つま先ですね。そういう事です。

 

またつま先のほうが感覚が過敏なので、ホールドの形、凹凸を区別しやすくなります。

 

ボルダリングのホールドにはつま先で乗る!!!覚えておきましょう!!!

 

4.必ずオブザベーションを行う事+ブラシをかけておく

 

自分が登るルートを見て、どういった風に登ったほうが良いかを確認する作業を「オブザベーション」と言います。

 

どのホールドが持ちやすいといった所から、フットホールドにきちんと乗れるか。先人たちが登ったチョークの跡からどういった部分を持ったほうが良いかを把握しておきましょう。

 

チョークの後が残っている部分というのはたくさんの人が登った時につかんだ部分であるという事を意味しているので、持ちにくいホールドだとしてもその部分は持ちやすいという理由づけになります。

 

確認することは別に間違ったことではないので、登る前には積極的に確認しておきましょう!!!

 

また、大抵のジムにはホールドを磨くためのブラシがあると思います。手にチョークをつけておく事で確かに滑りにくくなりますが、逆にチョークが付いたホールドは非常に滑りやすくなっているため、きちんと磨いておきましょう。

 

小さいフットホールドが登場してくる6級ではきちんと磨いておくことで滑らずに登り切れることもあるかも…。

 

5.マイシューズを購入する

 

初めて来た場合は借り物のシューズを使ってボルダリングを行いますが、やはりマイシューズのほうがソールがきれいに残っているので滑りません。断言します。

 

ボルダリングを趣味にしていくのであれば早いうちからマイシューズを買っておくことをおすすめします。最近ではジムにショップが付随している場合が多いので、知識のあるジムの店員さんとじっくり考えながら購入することが可能です。

 

今回はボルダリング6級の壁を乗り越えていきました!!!

 

今日はここまで。ありがとうございました!!!