気になった本を読んでみた。

気になった本を読んでみた。
Pocket

皆さんこんにちは。RINです。

 

今回は久しぶりに本の紹介です。200円のコーナーから引っ張ってくるのではなく、きちんと定価で購入しました。

 

というか、bookoffのコーナーにこの本が見当たらなかっただけなんですけど…。

 

よろしくお願いします。

 

手ぶらで生きる しぶ

 

今回は「ミニマリストブロガー」のしぶさんが書いた、ミニマリストの紹介本です。自分の昔の話から、どういう経緯でミニマリストになったのかのあらすじ、自分がミニマリストとして生きているために欠かせないこと等を載せています。

 

自分はミニマリストという言葉は知っていましたが、それでも「物を極限にまで少なくした人」程度の考えしかなかったので、この本を読んでその価値観はだいぶ変わりましたね。

 

自分も一人暮らしをするときには、ミニマリストになりたいと思いますね。

 

という訳で一つ。本の中でこれはよかったなと思う考え方を紹介します

 

商品を購入することは時間を買う事である

 

ミニマリストだから、物は限りなく少ないという偏見を持ってしまっていた私でしたが、そんなことはありませんでした。筆者は14万円する大型洗濯機や、4万円のルンバ等を購入しています。

 

ルンバを家で使っている人は大体何%くらいでしょうか?まあ普通に考えたら、「そんなのいらなくない?」って思うと思います。普通に掃除すればいいだけですしね。

 

でもそこは違うんですね…。

 

「商品を購入することは時間を買う事である。この商品を買うことで時間がどれだけ浮くのかを考える必要がある。」

 

いや~この考えをなぜ思いつかなかったのか…。

 

つまり筆者のしぶさんはルンバに掃除を行ってもらうことで、掃除の時間を買ったわけです。その時間は空き時間になるので、自分の好きなことに使えるわけですね。

 

14万円の大型洗濯機は、そのまま乾燥まで行ってくれるので、選択の時間が格段に減るわけです。

 

まあこの世にたくさん存在する商品というものは、「いかに効率よく人間が楽できるか」という考えに基づいて作られていますから、この考えはまさに核心をついています。

 

いかに自分の仕事が削減されるか?この部分を念頭に置くという事です。

 

この商品を買ったら、今まで掛けてた時間が節約できる。だからその時間は別のことに使えるといった風に。

 

物を買いすぎる癖がある人は、時間対価をきちんと考えて購入すると、気づいたら物がだいぶ少なくなってくるのではないでしょうか?

 

無駄か無駄じゃないかをきちんと取捨選択できるようになれば、断捨離とか関係なく、自然に物が減ってくると思うので…。

 

この本はかなり面白いです。自分と違う考え方を持つ人の話を聞くと、カルチャーショックが引き起こされて、自分の考え方に新たなゆとりができます。もっといろんな考え方を持つ人の著書を読んで、見分を深めたいと思います。

 

ぜひ皆さんもこちらの本を読んでみてください。

 

今日はここまで。ありがとうございました!!