1ヶ月約10000円で生活するために必要なこと10選

1ヶ月約10000円で生活するために必要なこと10選
Pocket

皆さんこんにちは。RIN (@RIN_climbup) です。

 

先日Twitterに挙げた通り仮想通貨で大敗を喫した私は、ブログで100記事書くまでは投資を封印するとともに、真剣にブログで収益を上げるために頑張っていこうと思います。

 

なので、今回は1ヶ月10000円で生活しなければならないという危機的状況に差し掛かった時に必要なことを紹介していこうと思います。ちなみに今月の私は大体こんな感じです( ;∀;)…。

 

よろしくお願いします。

 

ちなみに私の考えですが、1ヶ月10000円で生活することは可能だといえると思います。だって私が何回も成功してますから!

 

※ただし私は実家暮らしなので、住宅費は一切かかりませんし夕飯も出ます。そこのところを念頭に入れたうえでお願いします。

 

1.レシートは取っておく

 

大学でよく聞いているのが、「レシートいりません」の声。これはよくありません…。

 

レシートは自分の使ったお金を客観的に示してくれるものです。毎日使ったレシートを夜に見て反省をするのです。

 

別に私は家計簿をつけろとは言っていません。大切なのは「その日のレシートは本当に必要なものだけだったか。」という事をきちんと把握しておこうという事。

 

1ヶ月10000円で生活するという事は、単純計算1日300円くらいしか使うことができません。10円単位で管理を行わないといつの間にかお金が無くなってきてしまうので注意しましょう。その日に使ったレシートが1枚だったら相当きちんと管理できていると思います。

 

ちなみにレシートを使わないで購入できる商品(自動販売機)などは原則使用を控えましょう。そもそもコンビニのほうが安いですし。

 

2.自炊する

 

これは非常に重要です。外食は単価が100円~(マックのハンバーガー)と短期的に見たら結構安く済ませられることができますが、一方で栄養素に関してはかなりとがった形をしています。自炊であれば普通に一汁一菜でもある程度の栄養素はカバーできるうえ、昨日の残り物を次の日の弁当にすることができます。

 

それに長期的に見ればだいぶお金を抑えられますし、料理スキルもだんだんと上達するようになります。今は男性女性両者問わず料理はできて当たり前といった風潮も見られることですし。

 

料理。始めてみては如何でしょうか?

 

3.水分補給は「水」

 

これも10000円生活を始めてから分かったことなんですが、「甘味の入った飲み物は高いしのどが渇く」のです。当たり前といえば当たり前なんですが。

 

だから私は原則「水」を飲むようにしています。自分が大学に入ってから健康志向になったことも幸いして、水を飲む習慣をつけてからお金は減らなくなるし体の調子は非常にいいし…。水分補給を水に固定することは結構お勧めしています。

 

もちろん甘味の入った飲み物を飲むことを否定するわけではありません。まあ1ヶ月10000円生活をするのであれば注意ってだけですけれどね。

 

4.数駅分なら歩く

 

これは定期を持たない場合なんですけれども、自分は近くの駅に出かけるときは3~4駅くらいなら普通に歩くようにしています。

 

今のご時世、1日10000歩歩け!といわれているので積極的に歩くようにしているんですね。大体「電車の所要時間×10分」が、歩いたときにかかる時間の目安なので、電車で6分くらいのところは歩くようにしています。(換算歩いて1時間)

 

特に1駅なのに電車に乗るのは非常にもったいない!お金もそうですが、経験値としてもったいないという事をここで伝えたいと思います。知らない道にある隠れ家的お店とかは意外とテレビ等で紹介されていない事があり、その道を通ったことのある人しかわからないわけです。

 

せっかくですし歩いてみましょう!新しい出会いが見つかるかもですよ!!!

 

5.お金のかからない趣味を持っておく

 

自分は「学習・ブログを書く」の2つがこれに当てはまります。特に学習をするのに1ヶ月10000円生活は向いていると思います。だってお金を使えないから…。学習はお金のかからない趣味だと思います。ブログのネタになるし、自分の知識にもなるし一石二鳥ですよね。

 

自分はFPの勉強をしています。将来の役に立つかはわかりませんが、お金に関する知識を学んでいきたいと思っているので。

 

やらなければならないけどやってないという学習課題があったら是非趣味としてやっていきましょう!!!

 

6.メリハリをつける

 

お金を使わなければならないような時は絶対訪れます。特に12月の今はお金が入用で10000円じゃ正直足りないといっても過言ではないでしょう。だからこそ使うときはきちんと使ってあげましょう。その日使ったのであれば代わりにどこかで採算を合わせればいいだけなのです。

 

自分は忘年会等の誘いは積極的に受けるようにしています。友人関係等はお金に換えられない大切なものですから。でも、圧倒的に生産性がないのであれば断っていますけれど…(+_+)。

 

むしろその目標のためにお金を節約するようにすれば、意外と10000円は減らないような気がします。(当社比)

 

7.「0円DAY」を作っておく

 

自分は毎週金曜日を0円DAYにしているんですけれども、0円DAYの時は一切お金を使ってはいけないという事にしています。だからその日は弁当にして水筒を持ってきていますし、そもそも財布を持ち歩かないようにしています。財布を持たなければ絶対にお金を使うことが出来ませんからね。

 

あまり外に出ない日や、「この日は絶対にお金を使わない」という日は0円DAYにすれば消費を減らすことが出来ると思います。

 

8.小銭で会計を済ませるようにする

 

1000円札を使うことをためらうようにしましょう。可能な限りお釣りを出すことを防ぎましょう。

 

これは貯金をするのにも重要なポイントなのですが、いかに1円単位で買い物を行っているかという表れになります。結果として財布の中身をきちんと把握していることにつながるので、10000円を効率よく使えることにつながるのです。

 

別に10000円生活でなくてもこの考えはしっかりもっておきましょう。財布の中が小銭だらけって人は意外とお金の流れがわかってない場合が多いかもしれませんよ…。

 

9.財布の中には必要最小限のお金のみ

 

たくさんのお金を入れておくとやっぱりお金を使いすぎてしまいます。財布のひもが緩い人は意外と財布の中にお金が入りすぎているからかもしれません。まあお金が入ってない状態だったら買いたいものがあっても物理的に買えませんからね…。

 

飲み会等を断りたい人は積極的に財布の中にお金を入れないようにしましょう。なんか言われたら財布の中身を見せてください。万事解決します!

 

(その際にキャッシュカード等は入れておかないようにしましょうね…。)

 

10.10000円超えて当たり前

 

切羽詰まって本当に10000円で生活する場合は除きますが、大抵は自己満です。仮に超えてしまっても気に病まないでください…。10000円で生活できた事は何度もありますが、たまに10000円を超えてしまうことはあります。でも10000円で生活しようと心がけると普段使っている金額よりもだいぶ安く1ヶ月を過ごすことが出来ます。

 

相対効果ですね。

 

1ヶ月10000円で生活するのは並大抵のことではないので、そんなことにならないように日ごろから節約したり、貯金したりしてある程度のお金を工面できるようにしておきましょう。

 

10000円で生活することは面白い!!!

 

結構難易度は高い内容ですがそれでもやってみることに価値があります。もちろん自分の立場はかなり恵まれている(実家暮らし等)ので他の人に比べて難易度は低めですが。

 

いかに10000円を節約して日持ちさせるかという考え方は長期的な視野を作るのに向いているかと思います。もしも10000円生活をする際や、普通に貯金をする際に気を付けていることがあればぜひコメントで教えていただけたら嬉しいです。

 

今日はここまで。ありがとうございました!!!