ボルダリングが初めての方必見ですよ~。

ボルダリングが初めての方必見ですよ~。
Pocket

皆さんこんにちは。RINです。

 

今日は急に寒くなりましたが、体には気を付けるようにしてください。私は大学が今日から始まり非常にブルーな気持ちで執筆しています。

 

今回の記事のテーマはずばり「ボルダリング」。最近になりブームとなったスポーツで、皆さん一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

2020年東京オリンピックにも正式種目として認定され、海外の大会でも日本人選手の活躍がニュースに取り上げられることがよくありますね。

 

では、「ボルダリング」とはいったい何なのか?どうしてこんなに人気になったのか?というところから、ボルダリングをやってみたいという方々へのアドバイスを紹介していこうと思います。

 

一度はやってみたいけどボルダリングジムに行くのはちょっとという方も、この記事を見てぜひ1人でも、友人を誘ってでも行ってもらえると嬉しいです。

 

よろしくお願いします!

 

ボルダリングとはなんなのか?

 

 

クライミングと呼ばれる崖のぼりのスポーツの一種です。もともと外の崖を登っていたクライマーたちが、室内で連取できるように、人口の突起物(ホールド)を壁に埋めて登り始めたのが室内スポーツになった大きな要因であるといわれています。

 

なので本当は外の自然の岩を登るのがボルダリングなんですね。しかし今では外の岩ジムのホールド両方登ることをボルダリングと言っています。

 

ボルダリングは高さ3~5メートルくらいの壁(外では岩)を命綱なしで登る事を言い、ロープを使って断崖絶壁を登るロープクライミングとは似て非なる物と思ってください。筆者はボルダリングしかやったことがないので、ロープクライミングの話はこの先出てきません。ご了承下さい。

 

追記 先日三宅島に行った際に、ロープビレイ機(自動命綱機みたいに、自動で巻き取ってくれる。)を使ってロープクライミングを行いました。その様子は後日公開させていただきます。

 

使うのは己の体のみ。強いて言うならクライミング用のシューズと滑り止め用のチョークを使いますが、これさえあれば始められるスポーツがボルダリングなんですね。これがとっつきやすいので老若男女問わず愛されるスポーツになったという訳です。

 

また、ランニングなどと違い、グレードといった明確な目標が存在するのもボルダリングに取り組む人が多い理由だと思います。毎回ジムに行く際に今日達成する目標が明確に表れたほうが、続けやすいですから。

 

ボルダリングのルール

 

 

基本的なルールは大きく分けて2つ。たった2つなのでサクッと覚えてしまいましょう!!!

 

1、使っていいホールドは指定されている。

2、スタートとゴールは必ず両手で持たなければならない。

 

これだけです。非常にシンプル。単純明快だと思います。一応分からなくても初回には必ずジムの店員さんの説明があります。なので安心してジムに行ってください!

 

1.使っていいホールドは指定されている

 

ジムに到着すると、ホールドが壁に一杯ついている場合があります。というかそういうジムがほとんどです。

 

だからと言ってそこについているもの全部使って登っていいわけではありません。ホールドは基本指定されています。ジムによって様々ですが、同じ色のホールドを使っていたり、テープの色で区別したりと様々です。

 

また、そこからさらに足自由課題と足指定課題の2つに分かれています。

 

  • 足自由課題 足はどのホールドを使ってもいい。手は指定されたホールドを持つこと。
  • 足指定課題 足も指定されたホールドを使用しなければならない。

 

もちろん足指定のほうが難しいです。大体5級くらいから指定課題のほうが多くなっていきます。そうなるとどういう風に体を動かしていくかが大きな課題になっていくわけです。

 

そこがボルダリングの面白い部分の根幹であり、体を使ったパズルといわれる所以であります。

 

2.スタートとゴールは必ず両手で持たなければならない。

 

ここは誤解している人が多いのですが、必ずスタート(基本的にSとかかれている)のホールドを両手で持ち、体を浮かせてからスタートするのがルールになります。

 

また、ゴールも両手できちんと掴めたらクリアであり、触っただけではダメなんです。

 

スタートのホールドを使わずに上のホールドから始める方が結構いるのですが、ルール違反になってしまうので注意しましょう。

 

また上るルートに応じて難易度が存在します。下は10級~上は6段まで。このうち3段以上はジムで見かけることはないと思います。筆者は2級が最高グレードなのでそれ以上は投げやりな説明です。ご了承。

 

10~9級

初心者というより子供用難易度。

ジムによっては無いところもあります。

8級

女性の方でも安心な難易度。

大抵のジムは難易度がここからスタート。

7級

初回体験ではこのあたりを勧められます。

初回で問題なく登れるでしょう。

6級

少し難易度が上昇。初心者中級レベル。

初回の人はここでストップすることも。筋力の高い男性は登れるかも?

5級

初心者卒業の壁。初回で登れる人はすごいと思います。

初回体験で登れる人は100人に3人の印象。

4級

中級者挑戦の壁。ここで成長がいったん止まる。(本人談)

ここからはセンスだけでは登れません。ジムに週2で通っているとだんだん登れるようになるかも?

筆者は始めて2か月で初踏破しました。しかし初見で登れないものも現時点で存在します。

3級

中級者卒業の壁。筆者のよく戦っているところ。

様々な特徴をそろえたルートであり、4級よりも総合力が求められる。

筆者は3か月で初踏破したが、現在登れた3級は15本あるかどうか位。

2級

上級者突入。筆者の最高グレード。筋力、登るコツ等様々な能力が全体的に高くないと登れないものが多い。

始めて半年で初踏破したが、現時点で3本しか登れていない。

1級

上級者中級の壁。筆者は現在初踏破を狙っている。

こんなホールド持つのかといったものばかり。はっきり言って登り始めて1年経とうとしている今も登れる気がしない。

筋力が欲しい…。

初段~ 上級者を超えてゴリラへ…。これをガシガシ上る人は本当にすごいと思います。

 

初めてやってみる方は6級を目標にやってみるといいかもしれません。そこら辺からボルダリングの醍醐味である「登れた時の爽快感」を味わえるかと思います。

 

ボルダリングを始めるといい理由

 

体が内面から鍛えられる。それが理由です。

 

特に女性の方に向いていると私は思います。女性の方々って、筋力は欲しいけどムキムキにはなりたくないって人が多い印象を受けますが、ボルダリングは楽しむレベル(初段狙うとかではない)ならば、筋トレみたいな苦しさがなく、楽しみながら体を鍛えられることができるんです。それもムキムキになりにくい。

 

ダイエットに向いているスポーツであると思います。

 

ちなみに男性は余計な脂肪が落ちて筋肉がつくため、クライマーの人たちは「細マッチョ」体系が多いです。ジムに行って苦しいトレーニングするよりは、楽しみながら鍛えられたほうが良いですよね?

 

また、ボルダリングがうまくなりたいと思うようになると、必然的に体重を絞る必要があります。重い人よりも体重が軽い人のほうが体にかかる負荷は少なくなるので。楽しみながら体を鍛え、最終的に自発的にダイエットに取り組むことができるこのスポーツは、肉体的、精神的に楽なスポーツだと思います。

 

(プロアスリートレベルになるとプレッシャーも大変だと思うので、ここでは省略します。)

 

また、ボルダリングは「体を使ったパズル」。頭と体を総動員して取り組むので、体の活性化につながります。

 

せっかくですから楽しみながら体を鍛えていきましょう!!!

 

ボルダリング初心者Q&A

 

ここでは実際に初心者の友人から以前にいただいた、ボルダリングのQ&Aをしていこうと思います。もし初心者さんの中で、共感できる内容があったら是非参考にしていただけたらと思います。

 

Q1 本当にそんな簡単に登れるの?

 

A1 初めのうちははしごを登る感覚に近いので大丈夫!6級くらいから体の使い方を覚えていく必要があります。

 

Q2 大体いくらくらいかかるの?

 

A2 初回登録料+1日利用料金が基本的な値段です。2回目からは初回登録料がいらなくなるので安くなります。場所によって相場は大きく異なりますが、2つ合わせて3000~4000円くらいが相場だと覚えておくとよいかと思います。大抵のジムは初回の場合レンタルシューズとチョークが無料になります。2回目からは有料になるので、ボルダリングを趣味としたい人は、早めに両方買ってもかまわないかと思います。

 

Q3 持ち物は何がいるの?

 

A3 基本的に必要なのは3つ!

 

  • 着替え(動きやすい恰好を持ってきましょう。チョークでだいぶ汚れます。)
  • タオル(想像以上に汗をかくスポーツです。風邪をひかないようにタオルを持っていきましょう。)
  • 水分(1リットルペットボトルはすぐになくなります。脱水症状にならないように!!!)

 

Q4 あと必要なものは?

 

A4 やる気・元気・勇気の3つ!さあジムに行きましょう!!!

 

今日はここまで。ありがとうございました!!!