ボルダリングスタート1日目の流れを紹介します。

ボルダリングスタート1日目の流れを紹介します。
Pocket

皆さんこんにちは。RINです。

 

ボルダリングの導入を前回記事として挙げましたが、今回は実際に初回体験でジムに行こうと思っている皆様にあてて記事を執筆させていただきます。

 

実際の流れもこちらに書いていこうと思います。

 

よろしくお願いします!

 

ボルダリング初日の動き

 

 

1.持ち物

 

持ち物は以下のものを持ってくれば大丈夫です。

 

  • 運動着(足を傷つけやすいので長ズボン推奨。)
  • タオル(汗をかくので。)
  • お金(ジムによりますが大体初回登録料含めて\3000~)
  • 水分(知らないうちに脱水症状になるため、水分はしっかり用意しましょう。ジムで売ってますが高いです。)

 

また、18歳未満の方は原則、親の同意書が必要になります。

 

やはり、壁から落ちたときに怪我したり等の危険と隣り合わせのスポーツです。きちんと親の同意を得てきてください。ちなみに場所によりますが、小学生は親同伴だったり、中学生以下はできないなどの制約がある場合があるので、行こうとしているジムのホームぺージを1回チェックしましょう。

 

ジムのホームページであらかじめ誓約書等をダウンロードをして、親に事前に書いてもらうと初回がスムーズに進むと思います。

 

学生のうちに始めると金額はかなり安く済むと思いますよ!!!

 

一般と18歳未満では半分近く値段が違うジムもありますので…。

 

2.流れ

 

①ジムに到着すると、まず初回登録が行われます。生年月日や年齢などを記載することになります。また、先述した通り、18歳未満の方はここで親の同意書を提出する必要がありますので注意しましょう。

 

②次にジムの説明を受けます。基本的に初めて行う場合はDVDによるボルダリングの注意事項を確認することになると思います。それが終わると着替え、ジムの店員さんを待つことになります。

③そして実際に簡単な壁を初回講習で登ることになります。ここで店員さんからボルダリングのルールを教えてもらうことになりますが、ボルダリングのルールをうろ覚えしている方が多い印象を受けます。

 

楽しむだけなら構いませんが、せっかくのスポーツです。真剣に取り組んでいきましょう!!!

 

④講習が終わると実際にいろんなルートを登っていくことになります。大体2時間前後で疲労が溜まるので、そのあたりで皆さん引き上げていくことになります。再び着替えておしまいという感じですね。

 

3.終わったら

 

終わったら家のお風呂で構いません。しっかりマッサージを行ってください!

 

特に前腕を重点的に行うことをお勧めします。ボルダリングは普段使わない筋肉を使用するため、普段ならないようなところが筋肉痛になったりします。それが前腕の内側なんですね。これが本当にきついんです。

 

次の日に重い荷物を持つような仕事を控えている人はしっかりマッサージをしておくことをお勧めします。

 

4.もう一回楽しみたいという人は

 

ぜひ来てください。(直球)

 

初心者おすすめのジムの紹介

 

 

私はジムを何個も渡り歩くタイプではありませんが、紹介するジムはぜひ一回行っておくべきところだと思っています。

 

1.B-PUMP TOKYO 秋葉原店

 

私のボルダリングのスタート地であり、よくお邪魔させていただいている場所でございます。料金も学生は1080円で利用できる(~18:30まで。かつ平日)ので、コストパフォーマンスも申し分ありません。

 

一般の方はもう少しお高いです。また休日はこれよりさらに高くなります…。

 

地上4階まですべてジムであり、都内最大級の大きさを誇ります。また、グレード帯も充実しており、初心者~上級者まで幅広くクライマーのニーズにこたえております。

 

さらに月1~2回のペースで課題も変更されるので、毎回来るたびに新鮮感を味わえるのも良い点だと思いますね。

 

一階の半分はボルダリングアイテムを売っており、シューズやチョーク、クライミングパンツなども販売しています。

 

総合力の高いジムだと思いますね。

 

総武線秋葉原駅、御茶ノ水駅のちょうど真ん中に位置しており、神田明神のほうへ向かっていくと見えてくるかと思います。

 

B-PUMPと大きいロゴが見えるのでわかるかと…。

 

実際のジムがどんな感じなのかはリンクを張るので参考にしてください。

 

http://pump-climbing.com

 

2.アークダスト

 

場所は山手線巣鴨駅から歩いて5分前後。少し道を外れる(路地裏のほうなので地図必須)ので、注意が必要です。

 

中はプライベートウォールのような狭さです。しかし課題数はめちゃくちゃ多く、何回来ても新課題に触れることができるので、ぜひ一度行ってもらいたいと思います。初回は秋葉原のような大型のジムに行き、二回目以降こっそりトレーニングするのがおすすめかと。

 

ちなみに課題の難易度は優しいです。ジム側でもそれを公言しています。また、4級と5級の間に、「4と2分の1級」の存在など、スモールステップ法でコツコツと成長することができるので、結構中級者にもお勧めのジムであります。

 

また、値段がめっちゃ安い。時間制で料金を支払うことになりますが、2時間800円という破格の値段。登録料も1000円と、秋葉原の3分の2でスタートできます。いろんなジムを見てまいりましたが、これほどまでに安いのは見たことありません!!!

 

デメリットは、やはりその狭さ。後日写真を撮ってきますが、畳2~3畳くらいしかスペースがありません。待機スペースは別にありますが、それでも10人入ったらぎゅうぎゅう。

 

また課題にトライできるのは1人のみなので、必然的に待たされることになります。少しでも空いているであろう開店すぐに行ったりするのがおすすめです。

 

詳しくはこちらをどうぞ。

 

http://bodokido.com/

 

ボルダリングに行ったときは積極的にジムの様子等をブログに公開しますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

今日はここまで。ありがとうございました!!!