BOOKOFF200円の棚から引っ張ってみた 【part2】

BOOKOFF200円の棚から引っ張ってみた 【part2】
Pocket

皆さんこんにちは。RINです。

 

ブックオフの格安棚から本を引っ張ってくるシリーズpart2。今回の本はタイトルが個性的だったので購入しました。あと自分の趣味が喫茶店巡りなので、もしかしたら合うかなーって思って。

 

実際読んでみると自分と考えが結構一致するところが多く、「確かに!」と思って読み進めてました。

 

よろしくお願いします。

 

2冊目 15分あったら喫茶店に入りなさい 斎藤孝

 

今回の紹介はこちら。タイトルからいきなり注目を集めます。

 

15分あったら喫茶店に入りなさい

 

皆さんはもし15分余ることがあったら何に使いますか?例えば時間ピッタリに待ち合わせ場所に来たら、友達からLINEで15分くらい遅れるって通知を目にしました。

 

そんな時あなたがとる行動は?

 

  • スマホでネットサーフィンをして時間をつぶす。
  • 持ってきた本を喫茶店で読む。

 

これだったら後者のほうが圧倒的に生産的ですよね?

 

この本をおススメする人

 

 

この本はずばり、「家や図書館では全然集中して作業に取り組めないっ…。」って人や、「隙間時間をもっと有効活用したいっ…。」っていう人に向いていると思います。いかに喫茶店で集中して取り組むってことが有意義で、ストレスフリーで取り組めるかが書かれています。

 

一方家のほうが集中して作業に取り組めるという人はそれでいいと思います。そこを無理に変える必要はないので、そのまま頑張っていってほしいと思います。でもこんな人もいるんだってことで参考にできるところがあれば、ぜひ参考にしてください。

 

例えば私の実体験ですが、図書館で勉強しようとすると眠くなるって人。いませんか?

 

この本を書いた斎藤さんも、本の中で自分は図書館の勉強スペースに一度はいると、魔法にかかったかのように眠くなる。と記載しています。

 

もっとしっかりしなければと思うのですが、やっぱりそこは人間だもの。一度習慣のようになってしまったものはそう簡単に取り除くことはできません。(そこを取り除こうとするのが、いつか紹介する習慣力の話になるのですが…。)

 

そこで喫茶店という場所が登場してくるのです。

 

喫茶店という場所は、適度な明るさ、周りの目、適度な騒音など、集中するにはもってこいの環境だったりします。完全に静かな場所だと集中できないって人もいますし、家みたいな完全アットホームな環境だと集中できないって人もいます。(完全に私。)

 

喫茶店はお金を払って入る快適な独房である。と本の中に記載されていますが、パワーワードながらまさに的を得ているなと。実際仕事などで尻に火が付くと6時間くらい喫茶店で仕事を片付けたりしますから。(喫茶店側から追い出されたら素直に従いましょう…。)

 

また、喫茶店での作業は、結果として今後の時間管理をスムーズに進ませてくれます。

 

たとえば空き時間が発生してしまったとき、そのまま堕落的にぼーっとしているだけでは良くないですよね。でも、もしもあらかじめ時間が余った時に、必ず喫茶店に入って何かすると決めていたら?

 

それが本を読むことや、英単語を覚えること。時間が長く余ったなら余った仕事を片付けるなど。なんでもいいんです。結果として習慣になれば。

 

こういう生活がある程度続くと、もし友人の突然の遅刻などが発生してもイライラすることなく、落ち着いて作業を続けることができますし、もし約束の時間より早く目的地に着いたとしても、近くの喫茶店に入って仕事をするなど、時間管理をスムーズに行うことができます。

 

まさにできる男ですよね。自分は喫茶店に入って勉強することが多いですが、残念ながら遅刻してきた友人には切れてしまうこともしばしば…。もっと余裕を持たなければならないなと思う次第です。

 

 

 

結論+RINの総合評価

 

喫茶店で作業をスムーズに行える人は是非お立ち寄りください。時間を有意義に使うために、ぜひ仕事等を喫茶店で行うといいかと思います。また、時間管理もできるようになるので、一石二鳥ですね!

 

勉強もできるようになれば一石三鳥です。という話です。自己的判断なので、これが正しいってわけではありません。

 

めっちゃ端折ってしまいましたし、これ以上に大切なことも結構書かれています。なのでとりあえず、

 

  • 喫茶店で時間を使うのは好きなほうだ。
  • 最近時間にルーズな気がする。
  • もっと学習意欲を増やしたい。
  • 集中して物事に取り組むのが苦手だ。
  • 喫茶店が好きだ。

 

こんなところに当てはまる人はぜひ一回読んでみてください。

 

RIN的にはこの本は好みが分かれると思ったので、おススメ度★~★★★★★です。個人差あると思います。(ちなみに最高ランクは★5つ)喫茶店嫌いな人は絶対手に取らないでしょうし。

 

本を読むことが、読書なのではありません。自分の心のなかに失いたくない言葉の蓄え場所をつくりだすのが、読書です。(長田弘 『読書から始まる』より引用)

 

せっかくなので格言を一つ。

 

皆さんもよき喫茶店、読書ライフを!!!

 

今日はここまで。ありがとうございました!!!